「OTOKOエンドラン」管理人 ロンリーROMのひっそりblog
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メアド
2007-02-28 (水) | 編集 |
≪今日のスポネタ≫

・ヤンキース紅白戦 好投井川 松井不安  〔元ネタ〕

・オリックス 清原 ひざの手術成功 5月中旬の復帰目指す  〔元ネタ〕

・松永幹夫調教師ら7名が厩舎開業  〔元ネタ〕
 ミッキー、ガンガレ!

・U-22サッカー 日本3-0で香港に快勝  〔元ネタ〕

==================================

gmailを使うようになって、そのアドレスを画像公開にしかしていないためか
スパムメールはほとんど来なくなった。
今じゃ、メーラーも多機能になって、スパム系メールは振り分けてくれたり
するから、大分楽にはなってますけども。

んで、 ここ で、連絡をとるために新たにメアドをとってブログ上に
載せてみた。
どうなるかってお楽しみ的な部分もあったのだが、やはりスパムが来てた。

最初は気付かなかったんですが、しっかり迷惑BOXに入ってましたよ。
今のところ40件くらいですけど、きっちり仕分けされてるんですね。
結構、感心してます。

んが、画像で出してるメアドにも実は2通ほど迷惑メールBOXに入ってた
のがありました。
ウゴポリーを買った時に来た「イースナー」さんからのメールでした。。。
 

ところで「SPAM」=「迷惑」の和訳だろうと勝手に思ってたんですが、
違うんですね。

引用先 japan.internet.com

■ スパムの所以(ゆえん)

"SPAM(スパム)" とは米国 Hormel Foods 社の缶詰の商品名であり、英語辞書にも「米国製豚肉の缶詰の商標」と掲載されています。このスパムの由来は、この SPAM の缶詰を題材にした1970年に製作されたコメディ番組の「空飛ぶモンティ・パイソン」スパムの語源となったという説が最も流布しています。

それでは。その「空飛ぶモンティ・パイソン」の第25話 "スパム・スケッチ"のストーリーを紹介しましょう。


とあるレストランで夫婦が食事をしようとするのだが、メニューには SPAM が入ったものしかなかった。ウエイトレスと SPAM のメニューについて口論したら、後ろにいたバイキング達が「SPAM、SPAM、大好きスパム~ステキなスパム~愛しのスパム~ワンダフル・スパム~」と歌を歌い出し、それにかき消されて会話が続けられなくなってしまう……。
このほかの説としては、南カリフォルニア大学のコンピュータ研究所が、迷惑な電子メールは加工肉食品の品質に共通する点があると言い出したことから始まったという説や、第二次世界大戦中のアメリカ兵士達向けに開発された手軽な肉系食品が缶詰の SPAM であり、開戦当初は兵士達に人気があったが、そのうち大量の SPAM が食事の大半となり、兵士の中から「SPAM はウンザリだ」という声が上がり、この時の SPAM から「(ウンザリするほど大量の)不要の電子メール」をスパムメールと呼ぶようになったという説もあります。




缶詰といえば、なぜかポパイのほうれん草の缶詰を思い出してしまった。。

そういえば、ほうれん草の缶詰なんて現物見たことないような希ガス。
あと、握っただけで蓋が開くなら、それ食べて力付けんでも。。。


あ、そんなことはどうでもイイですね。
そろそろ、あの捨てメアドを抹殺しようと思ってる今日この頃。


スポンサーサイト
話題沸騰
2007-02-28 (水) | 編集 |
20070228020311
実は買ってない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。