「OTOKOエンドラン」管理人 ロンリーROMのひっそりblog
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のソフト
2011-09-11 (日) | 編集 |

はい、今日もソフトはもちろんありました。
初っ端からですが、2つとも勝ったのでこれで10連勝。
思いっきり天狗になってる鼻っぱしをへし折ってやりますか。


9/11 練習試合 秋田東中戦(ダブル1試合め) 9-0 5回コールド勝ち

  ・立ち上がりの不安定さはまだありますねぇ。
   無失点だったもののランナーをためる苦しい立ち上がり。
   大勝した試合でも、だいたい立ち上がりは苦労しますね。
   初回から気合の入れる方法ってなにかありますかね?


9/11 練習試合 秋田東中戦(ダブル2試合め) 7-6 サヨナラ辛勝。。。

  ・同じ相手。しかも、相手には失礼ですが明らかに格下。
   それなのに6回までリードを許して、ようやくサヨナラ。。。
   攻めてはポップフライの山。守っては四球、悪送球、フィルダースチョイスの山。
   ほとんどヒットらしいヒットは打たれていないのに6点も献上するとは・・・

   ここであえて大声で言っておきます。とにかくバント処理が下手。
   
    バントだけしておけばウチのチームに勝てますよ

   【うんちく】
    野球の場合、スクイズはバントを失敗しない限り大体一塁OUTを取りにいきますが、
    ソフトボールの場合、離塁ができないことと、サード・ファーストが定位置でも
    前進守備みたいなものなので、バント処理(キャッチ、トス、タッチ)を普通に
    行えばホームでOUTを取れます。
    サードがランナーより早くホーム近くにくる場合もあるので、サード前バント
    だとランナーへのタッチOUTもできるくらい。

   まぁ、ここで大声で言わなくても、ウチのエースがそれなりなのでバントで
   揺さぶってくるのが常套手段ですから、バント処理の正確さは絶対必要条件。
   来年の夏までなんて言ってられない課題です。

    
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。