「OTOKOエンドラン」管理人 ロンリーROMのひっそりblog
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢沢中招待交流大会 その2
2011-11-01 (火) | 編集 |
さてさて、飲み過ぎのちょっと手前で更けた夜も明けて2日目の朝です。

ところでこの招待交流大会は秋田、岩手、青森各県の新人戦1位チーム+α
が参加していることから、トーナメント戦ではないものの、実質的な
北東北大会であるとも言えます。
その中でも岩手県はハイレベルなのですか、2日目はその1~3位との対戦です。
さて、その結果は??


10月30日 交流試合 1-2 千厩(岩手県新人戦3位)  惜敗!

 ・実績のあるチームで、春に旧チームで対戦したこともあり、その実力は
  十分承知している相手。
  大敗も覚悟していましたが、先制してすぐに追いつかれたものの時間
  ぎりぎりまで拮抗したゲームを展開できたのは収穫かと思います。
  時間切れ直前に逆転を許しましたが、この相手にここまでやれた、
  もう少しで勝てる という気持ちを持ってくれたらと思います。
  

10月30日 交流試合 3-4 西南中(岩手県新人戦2位) また惜敗!

 ・こちらも実績があるチームながら、初対戦。
  ハイレベルチームとの対戦にも慣れたせいか、それなりの速球にも
  対応できるようになれたかと。
  守備の脆さはまだ時間をかけないと修正できないと思いますが、
  打撃の自信はそれなりの即効性がありますから、これを機会に
  少しでも克服できれば と思った試合でした。


10月30日 交流試合 2-3 前沢中(岩手県新人戦1位) 惜敗×3!!

 ・今大会では実力ナンバーワンチーム。
  とはいえ、試合前のフィールディングなどは初戦で戦った藤沢中
  より迫力は無い感じ。
  ちょっと拍子抜けした感もありましたが、そこはやはりナンバーワン。
  打撃不調のようにも見えましたが、抜け目のない走塁で圧力をかけてくる
  そつの無さは流石でした。
  岩手県1位に1点差なのだから胸をはれる結果 であるように思える反面
  その1点を逆転するには相当の努力が必要と思える内容でもありました。


10月30日 交流試合 10-0 矢沢中(岩手・主催) 快勝!

 ・2日間の締めは主催の矢沢中との対戦。
  2回目のナイトゲームとなりましたが、1日目とは違い照明設備がしっかり
  しており、日中試合しているような明るさだっただけに実力を発揮できた
  かと思います。
  2日通じて8試合目ながら、それほど疲れも見えずまずまずの〆になった
  試合だったかと思います。



ということで、2日間の成績は
 
  2勝5敗1分

勝敗は戦前の予想程度でしたが、岩手県上位チームに1点差負けは予想以上に
健闘した結果でした。
実績ではなく実力ナンバーワンの 藤沢中 との力の差はまだまだですが、
今回の遠征を機に、まずは意識改革をしてもらいたいものです。

今シーズン予定している試合も残りわずか。
今回の経験を活かした試合を期待しています!!



  
スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。