「OTOKOエンドラン」管理人 ロンリーROMのひっそりblog
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県中総体2日目
2012-07-17 (火) | 編集 |
雨で2日も順延になった大会。
結局平日開催で中体連専門部の方々や審判の方、そして父兄も日程のやりくりが
大変な大会でした。

って、ことで結果です。



【秋田県中学校総合体育大会】

7月17日  準決勝 合同戦  9-2 コールド勝ち

 ・序盤守備がガチガチで2-1のビハインドと劣勢なるも、評判のスーパールーキー
  を攻め立て、点差をつけるごとに相手のやる気を削いでいった感じでした。
  1年生が春に入部して急速に力をつけたチームではありますが、やはりそこは
  まだ若さが見え隠れしていて、ここ大一番では気持ちが切れていたのが分かりました。
  まずはこの1勝で東北大会出場が決定。
  想定していた相手に想定以上の勝ち方ができた一戦でした。



7月17日  決 勝 東雲中戦  2-0 優勝!!!

 ・3度目の頂上決戦。
  練習試合ではかなり分が悪いのにも関わらず、秋、春の県大会決勝では勝っている
  相手。「2度あることは3度ある」なのか「3度目の正直」なのか・・・
  結果は「2度あることは3度ある」でした。
  内容的には決して良くはありませんでしたが、攻め立てて攻め立てて相手ミスに
  乗じての得点が結果的に勝敗を分けました。
  この勝利で秋田県内の公式戦は完全制覇を達成!!
  この次は秋田県代表として東北大会で頑張ってきたいと思います。
  ・・・って、頑張るのはムスメたちですが。



大会を通じて。
春季大会から有力な1年生が活躍するチームの躍進が目立っていましたが、
結局東北大会へ進出したのは、昨秋から凌ぎあっていた3年生主体のチーム。
さほど力の差がないチームの対戦の場合、やはり「夏」は「これが最後」と
思う気持ちの差が試合の結果に如実に現れます。
「上手だから1年生を使う」という単純明瞭な采配では勝てないのが「夏」でしょう。
・・・少なくても中学ソフトボールでは。

あと、必要なのが「チーム力」。
有能な選手、やる気のある選手だけで練習をしてもチームとしては成り立ちません。
ソフトボールはグランドに立っている9人(DPがいれば10人)で試合をするものです。
部活練習も自主練も全員でやった結果が今回の優勝だったと思います。

最後は「運」
東北選抜大会で準優勝したのは「運」でしたが、今大会も「運」が見方したと
思います。
雨、雨で順延となり、結果的に2日目はスカイドームでの開催。
スカイドームは昨年からの冬に練習試合やら自主練やら市選抜大会やらで
慣れ親しんだ試合会場。
球足の速いグランドや見え難い天井もなんのその って感じでした。


それらを網羅して東北大会に臨みたいと思います!!


スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。