「OTOKOエンドラン」管理人 ロンリーROMのひっそりblog
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験事情
2006-11-12 (日) | 編集 |
≪今日のスポネタ≫

駒大苫小牧 三度目の不祥事  夏の感動が薄らいでいく。。。

アジアシリーズ 日ハム三連勝で決勝へ  アジアNo.1はすぐ目の前!

松坂への入札額50億?  西武うはうはじゃん。

世界バレー女子 奇跡の逆転勝利  やはり見てないと勝つらすい。

====================================

ぢぞうさん のところで秋田と中央の学力格差について話題になった。

「井の中の蛙」である私が何かと論ずるのには抵抗があるが、ぢぶんの息子
がそういう年齢になりつつあると少しは考えないと と思うようになる。

今悩んでいるのは、話題の一歩手前の高校受験。
ぢぶんが高校受験を目の前にしていた頃は、県央地区の模試平均点が高く
(それでも中央からすれば大したことなかったんでしょうが)危機感を感じて、
ぢぶんなりに猛烈に勉強した記憶がある。
丁度、五教科受験の初年度ということもあり前年までの試験内容があまり
あてにならないということもあった。
苦手な社会の試験内容が全て選択問題だったのはスゲー ラッキーだったが。

そんなぢぶんに照らし合わせると、今、正に受験生である愚息の気合の足りなさ
が何ともハガユイ。
一応、塾には行かせているが模試の点数が思ったほど上がらない。
学校が休みの日は、勉強しているフリ(?)はしているようだが休憩時間が長い。
朝も9時頃まで寝ていて、起きてきてもダラーっとしている。

愚息の通う中学は市内でも模試の平均点が低いほう。
その中でも上位というわけでもない。
それでも危機感を持たない。
「勉強しろ」「気合入れろ」と言ってもカラ返事みたいのが返ってくるだけ。
「人生でイチバン勉強するのが今の時期」と言っても「ふ~ん」くらい。

東京の大学に入って、末は博士か大臣か とは言わない。
せめてぢぶんの稼ぎで生活できるようにはなってくれと。

愚息の周囲は同じような雰囲気の子供たちが多い。
そのせいか、「秋田はのんびりしてるなぁ」という思いがことさら強くなってくる。
愚息の周囲が秋田の受験事情の縮図であるならば、その格差は広がる一方
だろうし、秋田の将来への懸念も広がっていく。
この懸念がぢぶんの愚息だけへのものであることを望みたい。。。

スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
あちきは・・・
自分の子供に何も期待しません。。。
別にここら辺でフツーに生活していてもらえれば・・・
勉強少しぐらい出来なくても、気持ちの優しい子であって欲しいと思っています
ある意味"のんびり容認"ですな~(爆)

でも他人の子は頑張って欲しい!剣道の教え子が、秋高合格!附中合格!なんて聞くと凄く嬉しいです
ワリと天邪鬼的な気持ちを持っているのですよ~私はw
2006/11/12(日) 08:37:00 | URL | 疲労 #-[ 編集]
疲労さん、どうもです
ジョスィだと学歴にあんまり関係ない「家庭を守る」
という重要な仕事がありますが、ダンスィで
ナウイ(死語。。)ニートやフリーターじゃ
やっぱマズイですよ。
うちらの時と比べれば明らかに就職は難しく
なってるし、高学歴優位なのはこの田舎でも
変わりないですから。。。

と、今日になって愚息も少しはやる気を出した
のか、レベルの高い塾へ行くと言い出した。。。
2006/11/12(日) 12:41:59 | URL | ロンリーROM #-[ 編集]
しかしながら・・・
高校入試・大学(行く気無いと思うけど)入試の時期になれば
私もぢぞうさん・ロンリーROMさんのような気持ちになるかもしれませんね

間違いなく少しでもいい学校に行って欲しいし、成績だって少し良くあって欲しい・・・
皆、"高望みはしないけど、普通に暮してくれればいい"と言いますが
私達夫婦に限って言えば、心の奥底に意地や欲が少なからずあると思います・・・

Blogを通じて皆さんのおかれた状況を読み、いずれ自分にも訪れるであろうその状況を、前もって心の準備が出来て嬉しい?この頃です。。。
かたや育て終えた人もいるし、生まれたばかりの人もいる・・・

これからもこんな記事期待します!
2006/11/12(日) 13:05:31 | URL | 疲労 #-[ 編集]
当時はわかりませんでした♪
こんちは。へむも本当に後悔している人間(?)のひとりでし。あっしの家は完全放任というか「なげわらし」だったので、遊んでばかりでした。受験の時には自分から塾へ行きたいとは申し出て何とか合格できた次第でし。
子供は当然ながらわれわれのような経験は無い訳ですから、やはり親がそのへんの危機を察して回避させないと難しいかとおもいやす。
今後の就職難から考えてもも今が大事です。どーか鬼になってくらさい♪
2006/11/12(日) 13:21:58 | URL | へーむ♪ #pprjMJPo[ 編集]
疲労さん、どもども
私の経験や意見が少しでもお役に立てば幸いです。
こういう記事はなかなか書けないですね。
というか、自分の考えをまとめるのが下手で
途中でなんか収拾つかなくなっちゃう事が多くて。
経験談ならいいかな。
2006/11/13(月) 02:11:43 | URL | ロンリーROM #-[ 編集]
へーむ♪さん、どうも
ある意味「なげわらし」の方がいいかもです。
確かに道を作ってやるのも大切ですが、最終的
には本人のやる気。
自ら危機感を持って取り組む方が後々役にも
立つと思いますし。
んー、やはり飴とムチの使い分けか。。。
2006/11/13(月) 02:15:47 | URL | ロンリーROM #-[ 編集]
黒船?
ロンリーさん、どうもです。
誤解を恐れずに云いますれば、「のんびり…」の根元は秋田県内の学校の先生にあり、というのが私の思いです。 週5日制の導入は、そもそも先生方の労働環境の改善(週40時間だっけ?)を主眼として設定されたものと理解していますが、それが「ゆとり教育」というお題目とゴッチャになってしまい、その挙げ句が現状かな、と見ています。
秋大附中→秋高・・・というルートが県内唯一の「絵に描いたお手本コース」であるようですが、ゆとり教育の招いた結果か、昨年度の高校入試では散々な結果だったようで、ソレが元で「附属入試の抽選」を廃止したというハナシを聞いています。

東京・品川区では公立でも「学校選択制」「小中一貫校」「外部評価」などの競争原理が導入されているのに続いて、
http://www2.city.shinagawa.tokyo.jp/jigyo/06/syogaku/
足立区のように学力テストの結果で予算に差を付けたりするところも現れました。
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200611030406.html

いくら教職員組合が抵抗しても、既にそういう時代になっているのですから、黒船がやってくる前に、何とか対応策を講じておいてもらわないと困るんですよね。それとも鎖国をしいて、県外へ行かせない気でしょうか?
>県教委の先生方よ!
2006/11/13(月) 11:37:23 | URL | ぢぞう #s5RVRKAk[ 編集]
ぢぞうさん、どうも
んー、秋田の情勢。。全てを知ってるわけでもないので私の意見も的を外していそうですが、先生だけの問題でもないかもですね。
親達に危機感がないのも一因かと。
「入れる高校さ入ってければええ」
「なんぼ言っても勉強しねもの」
もっと躾しっかりやれよ!って叫びたくなる時が多々あります。
その周囲に流されそうになるのを必死に食い止めようとしていますが。

まぁ、↑だけが要因でない事も確かです。
ふたりの愚息は正にゆとり教育の犠牲者世代。
そして、今になって未履修(修履ぢゃない)だ、点数がとれないだ と補習の嵐。
これで少しでも点数が取れれば救いようはあるか?

あとは私学が圧倒的に少ないこと。
私学進学校なんて皆無と言ってもいい環境ですから、やはり競争力はつかないのかなと。
そうなると秋田の経済力も一因?
2006/11/14(火) 00:57:13 | URL | ロンリーROM #-[ 編集]
経済力は
北東北は3県とも似たようなものでしょう。

青森は青森山田のようにスポーツエリートを養成する学校があり、岩手の専大北上、南東北には日大など、大学へ直結する系列高校があります。秋田を除いて、必ず特色ある私学がありますけど、わが秋田は何もないですからね。
かくなるうえは国学館あたりに、どこか3流私大の系列校になってもらい、経附の寡占状態を打ち破るしかないですかね。そもそも私立高校が5校しかない県なんて、全国的にもどうなんでしょ。
2006/11/14(火) 02:12:09 | URL | ぢぞう #s5RVRKAk[ 編集]
ぢぞうさん、どもども
経済力・・んー、トータル的なそれはあんま差がないでしょうが、学問や教育に投資する(できる?)枠が少ない とでも表現すればいいんでしょうか。
岩手、山形あたりは勤勉な気質でオエライ方々を輩出する土壌にあるっていいますし、そちらへの投資もし易いのかと。
ぢゃ、秋田は? ・・・正直、凹みます。

そんな理由(でいいのかな?)もあり、新たな私学設立なんてとても困難でしょうから、ぢぞうさん案はなかなかいいですね。
・・・でも三流市大なのね。。。

2006/11/14(火) 02:33:06 | URL | ロンリーROM #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。