「OTOKOエンドラン」管理人 ロンリーROMのひっそりblog
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅立つ日
2007-12-09 (日) | 編集 |

少し前にめざましテレビでやってのを思い出して探しまくりました。






ある朝 目覚めたら 神が待ってた

命に終わりが来ると そっと知らされた

どうして 僕だけが 旅立つのか?

運命のさざ波に 声は届かない


071208008.jpg


一番近くの 大事な人よ

しあわせだったか? それが気がかり


071208007.jpg


もしも僕がいなくなったら

最初の夜だけ泣いてくれ

君と僕が過ごした歳月を

思い出しながら

見送って・・・


071208006.jpg


君と会えてしあわせだった

朝の空見上げて 微笑んで

僕はきっと日差しになって

見守っているよ 君のこと


071208005.jpg




いつかは 誰もみな 迎えが来ると

わかっていたはずなのに 他人事のようで・・・

夕陽がいつもより 美しくて

知らぬ間に溢れ出す 感謝の気持ち


071208004.jpg


今まで一緒に 歩いた人よ

残して行くこと 許して欲しい


071208003.jpg


僕はきっと日差しになって

見守っているよ 君のこと


071208002.jpg


もしも僕がいなくなったら

最初の夜だけ泣いてくれ

君と僕が過ごした歳月を

思い出しながら

見送って・・・




涙腺が緩みっぱなしです。
この記事も涙をしたたり落としながら書いてます。。。

もちろんヨウツベも







スポンサーサイト

コメント:
この記事へのコメント:
子どもも…
大人も、一緒になってウルウルしちゃいます。
ココロにストレートに響きます。
2007/12/09(日) 15:56:14 | URL | もい #-[ 編集]
うっ、 ダメだ
2007/12/09(日) 17:29:33 | URL | 雲板 #BKuthok2[ 編集]
もいさん、どうも
同タイトルの映画もやってますが、秋田じゃやってないんですね。
というか、東北でやってる劇場がない。。

映画も泣けるようですが、この象のアニメの方が感情移入し易くて泣ける。。
2007/12/09(日) 23:11:36 | URL | 仲村ロンリー #-[ 編集]
雲板さん、どうも
独り離れて暮らしていると、家族への想いが更に強くなります。
上2人は生意気な高校生になってしまいましたが、キャッチボール
のシーンがスポ少を始めたコロとダブります。
貝殻に「ありがとう」って書いたシーンは、今でも娘が手紙をくれたり
してリニアにダブります。。

平均寿命からすれば家族の中で私が最初に逝く予定。

「大切な人を残して旅立つ時。
あなたは、最後にどんな言葉を贈りますか?」


人生最大の命題かもしれません。。。
2007/12/09(日) 23:19:13 | URL | 仲村ロンリー #-[ 編集]
人間到処有青山。
2007/12/10(月) 12:39:11 | URL | ぢぞう #-[ 編集]
ぢぞうさん、どうも
「人間到処有青山」難しいです。
分かんないので、ググったら

男児立志出郷関 
学若無成不復還 
埋骨何期墳墓地 
人間到処有青山 

<意訳>
男子が一度(ひとたび)志を立てて故郷を旅立つからには
目的が成就しない限り2度と故郷の地を踏むことはできない
骨を埋めるのに、どうして墓所を決めておく必要などあろう
世の中にはどこにでも青山(墓地)があるというのに


私はいつまでも帰れないとか。。。
2007/12/10(月) 19:44:23 | URL | 仲村ロンリー #-[ 編集]
ははは、別にロンリーさんのコトだとは思っておらず・・・
ワタシも故郷を離れて10年以上経っておりますけどね。
(少なくとも老後は秋田に暮らしたくないと思ってます)

他の作家ならともかく、このお話って秋元康ぢゃないですか、
すっごく計算された作為的なモノを感じてしまうのですわ。
ザンネンですがワタシ、秋元康というだけで涙は出ません。
2007/12/10(月) 22:18:12 | URL | ぢぞう #s5RVRKAk[ 編集]
素直に泣けるんならそれでいいと思いますけどね…
2007/12/10(月) 23:44:42 | URL | もい #-[ 編集]
>>同タイトルの映画もやってますが

上野でやってたのですか~
MOVIEは見たかったかも

「鹿児島あるぢゃん」と思ったら・・・奄美大島
2007/12/11(火) 09:39:56 | URL | ぢぞう #-[ 編集]
ぢぞうさん、どもども
んー、確かに映画のレビューには酷評もありますが、そんな計算
された部分を削った(表現変かも)このアニメは心に響きます。
ちょっとネタバレになりますが、映画の愛人は確かに余計ですね。

奄美大島より宮崎の都城が近いです。
行って映画を観たい半分、レビュー見てガッカリ半分。。。
今週末を逃せば、レンタルを待つしかないのですが。。。
2007/12/11(火) 23:06:16 | URL | 仲村ロンリー #-[ 編集]
もいさん、どもども

>>素直に泣けるんならそれでいいと思いますけどね…

確かにそうですね。
映画にしてもアニメにしても基本的には全て作り物。
作り手もいろいろな思惑を持って作ってるんでしょうけど、
私自身はそれをあまり探ろうとは思いません。
その作品を見て、素直に心に響くもの、感動するもの、
大ウケするもの・・・それでイイですよね。
2007/12/11(火) 23:10:57 | URL | 仲村ロンリー #-[ 編集]
今日最愛のペットが天国にいきました。そんな日にこの曲を聞いて涙がとまりません・・・。
まだ現実を受け入れることが出来ませんがペットも幸せだったと思いたいです。
もう天国に着いた頃かな。
元気に遊んでるかな。
2007/12/22(土) 12:02:06 | URL | ゆり #-[ 編集]
ゆりさん、初めまして。
ペット・・・そう言えばウチにも駄犬がいました。(忘れてたの って突っ込みはスルー)

「ばがいぬ!」ってごしゃぐ時もありますけど、その時が来たら
涙流すのは目に見えてますね、やはり。
って、家族で最初に逝くのは駄犬か。。。

最愛のペットのご冥福をお祈りいたします。
2007/12/22(土) 12:20:15 | URL | 仲村ロンリー #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。