「OTOKOエンドラン」管理人 ロンリーROMのひっそりblog
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツアーレビュー in NAGASAKI 3
2008-06-20 (金) | 編集 |



朝起きると遠く離れたローカル新聞でもこの話題でした。

犠牲になった方々のご冥福をお祈りいたします。




08061640.jpg


それでは、長崎をぶらつきます。




最初に向ったのが 出島

てっきり港に突き出てるものだと思ってたのですが、現在は埋め立てが進み
市街地の一角になってるようです。
↓↓の赤枠が むかーしの 出島

08061666.jpg



そんな出島でのイベントです。

08061642.jpg



パクパクっww

08061641.jpg

08061654.jpg



ヨコモジ。。。

08061653.jpg



エレキテル!!

08061655.jpg


「須弥山儀」という一種のカレンダーだそうです。興味津々!

08061656.jpg




メイン的な建物です。

08061657.jpg


08061658.jpg



畳の上では履物を脱ぎましょうww

08061659.jpg


08061660.jpg


08061661.jpg


08061662.jpg


眺めもグゥ

08061663.jpg




貿易の品々

08061667.jpg


08061668.jpg



さすが観光都市を感慨に耽りながら、2時間もウロウロしましたが何か?


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
芸風かわった?
アカデミックなエントリーですね。
2008/06/22(日) 08:15:22 | URL | ぢぞう #s5RVRKAk[ 編集]
たまにね
ぢぞうさん、どうも
エレキテルとかカレンダーはみんなに人気でしたよ。
こういうものに触れなかったのがホジナシの原因か。。。
2008/06/22(日) 22:54:30 | URL | 仲村ロンリー #-[ 編集]
平賀源内のエレキテルって、たしか東京・大手町の
逓信総合博物館で見たような気がします。

仙北市西木村の紙風船上げは、源内が鉱山開発の
指導で秋田に来たときに伝えた…と言われているらしい
ですが、ホントなんでしょうかな??

あと源内は、秋田藩士小田野直武に西洋画を教えて
んー…これはHarropageさんが詳しい分野かな…
小田野直武といえば秋田蘭画を始めたと言われる人で
ここ↑に写真が載っている解体新書の挿し絵は、直武が
描いたんだそうですよ・・・意外なところでつながるでしょ?
2008/06/23(月) 00:43:55 | URL | ぢぞう #s5RVRKAk[ 編集]
小田野直武
 角館出身なので、青柳家には解体新書(複製品?)が展示してあります。
 4月6日に行ったときには「日本初公開:人体解剖のはじめ」の明治3年の写真も展示してありました。明治4年からは解剖写真の撮影は禁止されているため、貴重とのことでした。
2008/06/23(月) 09:50:27 | URL | harropage #9bqbzmTY[ 編集]
さすがです。
ぢぞうさん、harropageさん、どうも
さすがに両方ともお詳しいですね。
↑の解体新書も複製のはずです。(当たり前。。)

当時は唯一の日本の玄関口でしたから、ここから全国各地に
西洋文明が広まったはずですし、各地につながりは
ありそうですよね。
2008/06/23(月) 21:19:22 | URL | 仲村ロンリー #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。